共同代表プロフィール

藤村 コノヱ

藤村コノヱ

大分県別府市出身。東京工業大学大学院博士後期課程修了。学術博士。

小学校教師、環境庁臨時職員、団体職員、環境コンサルタント等を経て、平成2年「環境」と「教育」を結ぶべく、エコ企画を設立。環境教育のパイオニアとして、環境庁、東京都、神奈川県等行政機関からの委託を受けて、環境学習に関する調査研究、リーダー養成講座の企画・実施を行うほか、市民や企業に対して、環境問題についての講演やワークショップの講師を行う。また行政の各種委員会委員、大学等の非常勤講師等も務める。

一方、NPO法人環境文明21の設立に関わり、平成20年より共同代表として、環境・経済・人間社会のバランスの取れた環境文明社会の構築に向け、環境倫理の普及、消費やグリーン経済のあり方、NPOのあり方等について研究を進めつつ活動を展開している。特に平成15年に成立した環境教育推進法の立法化に向けては、推進協議会事務局長として先頭に立って活動し、また同法の改正にも積極的に関与した。現在は主に、企業向けの環境教育活動、「持続可能な環境文明社会」の普及や気候変動問題に関する政策提言活動などを行っている。

さらに、環境NPOの連合組織であるグリーン連合(2015年6月5日)の設立を他団体に呼び掛け、現在共同代表を務める。

(2016/11/11 更新)


主な著書


ゲーム


その他の活動分野


その他過去の実績など

ワークショップ・学習会活動等

委員会活動