2016年度全国交流大会
「世界に後れを取ったか!?日本企業の気候変動対策」

“日本の省エネ技術は世界一”、そんな話はとうの昔の話です。
昨年末に採択された「パリ協定」。世界中の企業がこれをビジネスチャンスととらえ、脱炭素社会に向けた戦略を練り、動き始めています。一方、日本はと言えば、一部産業界の反対により、政府の対応は遅れ、いまだに批准していません(10月末現在)。
このままでは、先進国としての責務が果たされないばかりか、折角の日本企業のポテンシャルが生かされず、世界に後れを取るばかりです。 脱炭素社会に向け、日本企業が有する技術力、人材、資金力など多くのポテンシャルをどのように生かしていけばいいのか、海外企業の動きなども参考に、皆さんとともに、考えてみたいと思います。


日時 11月30日(水) 13:30-17:00
場所 東京都南部労政会館 ※JR大崎駅(新東口)から徒歩3分
【住所】
〒141-0032
東京都品川区大崎1-11-1
ゲートシティ大崎 ウエストタワー2階
【電話】
03-3495-4915
南部労政会館地図
参加費 無料
(懇親会費は4,000円です)
プログラム 1.開会挨拶と趣旨説明 13:30
2.話題提供
 ①海外企業の動向
  田中めぐみさん(FBCサステナブルソリューションズ代表)
 ②メディアから見た日本企業の動き
  石井 徹さん(朝日新聞編集委員)
 ③長期脱炭素発展戦略に向けての提言
  松下 和夫さん(京都大学名誉教授)
13:40-
15:00
3.話題提供に対する質疑
15:00-
15:20
4.パネルディスカッション
 ①日本企業は世界に後れを取っているのか?
 ②そうだとすると、なぜ海外は進み、日本は遅れているのか?
 ③パリ協定の目標達成に向けて、日本企業のポテンシャルは?
≪パネリスト≫ 田中めぐみ氏、石井徹氏、松下和夫氏、加藤三郎
≪コーディネーター≫ 藤村コノヱ
15:30-17:00
お申込み 参加申込書にご記入の上、事務局までFAX、E-mail、電話にてお申し込みください。
または、下記参加申込フォームからご登録ください。
なお、当日参加も可能ですが、なるべく事前にお申し込みください。
参加申込書(PDF/575KB)
お問い合わせ NPO法人環境文明21
〒145-0071 東京都大田区田園調布2-24-23-301
TEL:03-5483-8455   FAX:03-5483-8755
E-Mail:info@kanbun.org